コンタクトレンズの注意点

コンタクトレンズの注意点

〇コンタクト利用者の10%が目の病気を発症

日本眼科医会が行った調査では、コンタクト利用者の約10の人に眼障害が起こっていると推計され、その数は年間で150万人にもなると推定されています。特に、ハードコンタクトレンズよりもソフトコンタクトレンズのほうが、目に障害が起きていることに気付きにくく、異常を感じた時には症状が悪化しているケースもあります。ファッション感覚で使用するサークルレンズの利用者が増加したことで、コンタクトレンズの使用目的の幅が広がり、コンタクトレンズを使用しているという意識の低下も懸念されます。

 

〇利便性の向上が逆効果に・・・・

最近ではインターネットでコンタクトレンズを購入できるようになり、一部の大手メーカーではインターネットでの販売を開始しています。確かに、自宅でコンタクトレンズを

購入できるのは便利ですが、コンタクトレンズは高度管理医療機器になりますので、きちんとした処方や眼科での定期的なケアが重要です。利便性だけを重視しすぎると、目の健康に対する意識が薄れ、目のトラブルの原因につながりかねません。

特にインターネットでの通信販売では、コンタクトレンズに対する注意喚起は文字による記載だけでしかなく、読むか読まないかは消費者任せになります。そういた部分も、コンタクトレンズの正しい利用法や目のトラブルに対する意識の低下を招いている要因となっているのではないかと思われます。

 

〇コンタクトレンズによる目のトラブル

角膜は、涙を介して酸素を取り入れていますが、コンタクトレンズで覆われることによって角膜は酸素不足になり、角膜が傷つきやすい状態になって感染症などが起こりやすくなります。間違った使用方法や定期的な眼科検診を怠ると、最終的には目の病気を引き起こし、失明に至るケースもあります。酸素不足以外にも、感染やレンズの汚れ、角膜への刺激、アレルギー、ドライアイ、レンズの劣化などが目のトラブルを引き起こす原因となります。また、販売する側にも問題があり、価格競争や消費者の利便性にばかりを追求することで、販売後のケアや、説明指導、不適切な処方方法、定期検査の推奨が不足していることが懸念されます。


Comments are closed.